社員の生産性と業務品質を向上するERPポータル/クラウドサービス

03-3359-9230

土日祝祭日を除く平日10:00〜18:00

ManageOZO3がセキュア社の生体認証可能な入退室管理ソフトウェア
「バイオスター・システム」と連携

2017/10/16

〇入退室管理システムと多彩な管理機能の勤怠管理システムが連携し、「働き方改革」を支えるサービスを提供する

株式会社ITCS(本社:名古屋市中村区、代表取締役:深見 和久、以下 ITCS)は、経費精算、勤怠管理、稟議申請などセルフサービス業務を統合したクラウドサービス「ManageOZO3」の2017年9月のリリースから株式会社セキュア(本社: 東京都新宿区、代表取締役 谷口辰成、以下 セキュア)の入退室管理システム「バイオスター・システム」とのデータ連携を製品標準サービスとして提供することにいたしました。これにより、顔認証や指紋認証などが可能なバイオスター製品群を使って、事務所、工場等への入退館、執務室への入退室などのログを取得し、勤怠打刻時間との入退差異の把握や、サービス残業対策で有用なアラートを発信し、事前に対策を立てるきっかけを提供できるようになりました。将来的には勤務時間分析などにも応用し、多様な働き方の中で、従業員のモチベーションを維持するための行動につながるようなアプリケーションの開発を両社の共同開発で手掛けていく考えがあるとしています。

■ManageOZO3について
 経費精算、勤怠管理、稟議申請などのセルフサービス業務を統合したクラウドサービス。 セルフサービスとは会社組織で働く上で、経費の精算や出退勤の届出、有給の申請、 購買の申請など、社員自らが行う必要のある業務を指します。 使いやすさを追求したユーザーインターフェースと独自のワークフロー機能、 奉行シリーズなど基幹システムへの連携機能などを統合している ことがOZO3の特長です。 オンプレミスでのご利用も選択いただけます。

■バイオスター・システムについて
 ▼バイオスター・システム 製品ページ
 (http://www.secureinc.co.jp/product-service/acsess-control_index.html)  

 入退室管理に必要な多彩な機能を簡単かつ直感的に設定できるように設計された、バイオスター・シリーズの高機能な入退室管理ソフトウェアです。 最大512ゲートまでの入退室管理や勤怠管理のほか、WEBを介しての管理や在席管理、ログ情報の自動メール送信など、様々なソリューションが用意されています。 また、バイオスター・システム専用の入出力デバイスを使用することにより、ドアロック機構はもちろん、機械警備システムやエレベーター制御システムとの連動も可能です。

■株式会社セキュアについて
 本社:〒163-0220 東京都新宿区西新宿二丁目6-1 新宿住友ビル20F
 代表者:谷口辰成
 資本金:2億2700万円
 事業内容:各種セキュリティ機器及びセキュリティシステムの設計、開発、コンサルティング、
販売レンタルサービス、施工、保守

 URL:http://www.secureinc.co.jp/  

<本件に関するお問合せ>
 株式会社ITCS
 経営企画室 菅沼
 Email:marketing@itcs.jp

価格やサービス内容がわかる資料や全機能が使える無料トライアルをご用意しています。
デモが見たい、事前の運用相談をしたい、見積書がほしいなどの問い合わせは下記よりお願いします。
03-3359-9230

土日祝祭日を除く平日10:00〜18:00