製品概要
ホーム > 製品概要 > 5つの製品特長

ManageOZOとは? 5つの製品特長

Point1洗練」 -洗練された業務アプリケーション-
Point2承認」 -申請・承認を支えるワークフローエンジン-
Point3統合」 -業務システムの統合運用-
Point4連携」 -基幹業務システムとデータ連携-
Point5選択」 -段階導入を可能とする選択方式-

「洗練」 -洗練された業務アプリケーション-
お客様の声と共に成長した洗練された業務アプリケーション。
今後も継続した製品成長ロードマップを実行します。

イメージ

OZOアプリケーションの一つ一つが、お客様の業務視点で考え抜いている洗練された業務システムとなっているのが強みです。例えば、勤務管理ひとつとっても、担当部署の効率はもちろん、いかに現場管理・経営に活かされるべきかにこだわった製品開発を行っております。Webベースだから、導入も簡単。直感的にはじめることができる分かりやすいインターフェーイスも特長です。ボタンが業務ごとに色分けされているので、目的の作業をすぐにみつけることができます。色とアイコンだけのシンプルな組み合わせですから、操作を覚えるのも簡単です。

「承認」 -申請・承認を支えるワークフローエンジン-
経費精算、勤怠申請の共通機能となるワークフローエンジン。
代理申請・承認、回覧等の豊富な機能を実装しています。

イメージ

現場発生した基幹業務システム(ERP)に必要なデータを申請~承認の業務統制を経てエントリーします。日本文化を熟知した“リアルに使える” ワークフロー基盤を活用。また、経費申請、勤怠申請、人事申請も製品にラインナップされており、全社的なワークフローシステムの総合ポータルを実現します。

「統合」 -業務システムの統合運用-
勤怠、経費など、複数の業務システムを統合運用することが出来ます。
業務の入り口の集約や共通の操作感で利便性が向上します。

イメージ

ひとつひとつでも効果あるアプリケーションを「勤怠管理」+「経費管理」+「汎用ワークフロー」など複数利用していくことにより、組織内のデータが有機的に連携し、統合による情報一元化と3つのコスト削減(導入・運用・管理)を実現致します。
単体業務システムの利用としてではなく、ManageOZOを業務の入り口、業務ポータルとして運用頂くことによってより高い効果が期待できます。

「連携」 -基幹業務システムとデータ連携-
基幹業務システムに必要なデータを生成、また、基幹システムデータの活用。
システム連携で最適なシステム環境をご提供します。

イメージ

OZOシリーズ間だけではなく、他社基幹パッケージとの連携も可能ですので、ご利用の資産を上手に活用いただけます。例えば、給与システムや会計パッケージとの安全かつスピーディーな連携によって業務効率化を促進するのです。 連携性もあるManageOZOは、業務単位の効率化だけでなく、大きなスケールでの効率化を考えることが出来ます。

「選択」 -段階導入を可能とする選択方式-
業務モジュール(OZOアプリケーション)単位に導入可能。
貴社事業戦略に合わせた計画的なシステム投資を実現します。

イメージ

OZOは貴社の事業戦略に合わせた計画的なシステム投資とトータル的なコスト削減を実現します。
業務モジュール単位(OZOアプリケーション)の導入・購入ができるので、自社の状況に合わせて段階的に運用することが可能です。必要なOZOアプリケーションライセンスを必要人数に応じてご購入頂くことができるので、現状のニーズに応じた最低限の投資に抑えることが可能です。
パラメータ設定+個別カスタマイズ+製品フィードバック式アドオンカスタマイズで拡張を実現します。

お電話でのお問い合わせ 03-6261-2282