ManageOZO3企業の経営管理を支援するManageクラウドシリーズ

勤怠管理業務アプリケーション

出退勤打刻の収集、各種勤怠申請が提出可能。
幅広い就業形態に適用が可能な勤怠管理業務アプリケーション です。

解決できる課題と解決する機能

部門長が部下の勤務状況を日々確認、把握できない
出退勤打刻 各種集計表
部門長が自部門全体の勤務時間計や残業時間計を月途中で確認できない
各種集計表 アラート機能
管理部による各種勤怠届勤務長の照合作業がとにかく大変
勤怠ワークフロー アラート機能
有給、代休、振休等の休暇取得実績と残日数の管理が煩雑
休暇管理
出張、直行直帰など勤怠未打刻に対する管理が煩雑
アラート機能
弁当注文、給与控除処理がアナログで集計が大変。間違いもある
弁当管理
労務費算出のための作業工数の入力、収集の負担大
作業工数入力
入退室システムと出退勤の情報が連携しておらず情報活用できていない
入退差異管理
毎月の締め処理作業に必要な人と時間が多すぎる
締め処理状況管理 給与システム連携
法改正による就業管理の複雑化に追いつくことができない
法令対応
スマートデバイスを活用して生産性を向上させたい
スマートデバイス活用
出退勤打刻
多様な打刻方法を選択可能。
働き方に合わせて利用できます。

業種業態、職種や環境に合わせて多くの打刻方法を用いることが可能。ICカードを用いたタイムレコーダー打刻だけで数種類あり、また、スマートフォン打刻やWeb打刻、さらに静脈認証打刻や日報形式での打刻を用いることもできます。また、部門や社員それぞれに打刻方法を割り当てることもできます。

勤怠申請
各種労働法に基づいた勤怠申請が利用可能です。

有給休暇申請、特別休暇申請、欠勤申請などの休暇関連の申請が可能です。また、休日出勤申請や直行直帰申請など全12種類の申請を用意しています。企業ごとの運用ルールに合わせて設定することで各種届出の申請・承認業務のペーパーレス化も実現可能です。

各種集計表
リアルタイムに収集される勤怠実績を集計表で確認できます。

打刻に基づく勤怠の実績は社員ごとの勤務表にリアルタイムに集計されます。事前に設定された勤務体型の計算方法に基づき自動で時間外労働計算がなされ、これも画面上で確認できます。勿論、上長や部門長は社員それぞれの実績を確認することも可能です。

アラート機能
勤怠の実績に基づくお知らせアラートを自動通知可能。

システム管理者による事前設定内容に基づき、OZO3から従業員それぞれに自動での勤怠アラートを通知できます。36協定を意識した残業アラートは勿論、未打刻に対して、必要な勤怠申請の未申請に対してなど、”気づかせる”アラートを出すことが可能です。

法令対応
バージョンアップにて、法改正に対応します。

近年、より複雑化する労働関係法に対してOZO3はバージョンアップをもって対応をしていきます。さらに『勤務間インターバル管理』など、最低限の機能実装だけでなく就業管理をより良くする機能も順次提供します。

スマートデバイス活用
スマートフォンやタブレットを有効活用できます。

Webブラウザにて利用可能な仕組みのため、インターネット(および社内イントラネット)に接続可能な端末であればいつでもどこでも、勤怠管理機能にアクセスが可能です。スマートフォンには専用画面も有し、外部での利用を支援します。

給与システム連携
ご利用中の給与計算システムと連携できます。

収集、計算された勤怠実績は、汎用的なデータとして出力が可能です。幅広いメーカーの給与計算システムと連携ができるため、給与担当の方のデータ加工・修正の手間を最低限とすることが可能です。

休暇管理
休暇の自動付与、残管理、繰り越し管理も可能です。

有給休暇の自動付与、残管理、繰り越し管理もシステム化できます。特別休暇も自由に作ることができ、さらに積立休暇にも対応をしております。休日出勤と振替休日の紐付け管理や代休に関する取得状況表示、有効期限設定も自在に行えます。

締め処理状況管理
締め処理状況もリアルタイムに把握でき、スムーズに処理できます。

給与担当者の毎月の締め処理業務も補助します。画面上で各従業員の締め処理申請の状況を把握でき、さらに催促アラートを出すことも可能です。

弁当管理
勤怠打刻とともに、弁当注文も可能な仕組みを持ちます。

指定のタイムレコーダーをご利用いただくことで、出勤時の打刻とともに弁当の有無を入力することが可能です。注文した種類や数をデータとして出力可能のため、給与計算システム上での控除処理も合わせて行うことが可能です。

「OZO3工数」が必要
作業工数入力
プロジェクト別の作業工数の入力が勤怠管理とセットで行えます。

『OZO3 工数』を別途導入いただくことで、勤怠管理と連携したプロジェクト別の作業工数の入力を実現することが可能です。「1日の労働時間は8時間、内訳としてAプロジェクトで3時間、Bプロジェクトで、、、」というような原価管理上の労務費データを取得するには、勤怠実績と整合性が取れる本機能を利用いただけます。

「OZO3勤怠 入退差異OP」が必要
入退差異管理
入退室情報を勤怠実績を収集し、比較。差異の確認と理由入力ができます。

『OZO3勤怠 入退差異OP』を別途導入いただくことで、セキュリティゲートやシステムログイン情報等を取り込み、例えば、入室時刻と出勤時刻、退勤時刻と退室時刻を並べて比較、差異を確認可能です。さらに、設定された閾値を超える場合に理由入力をさせる運用も出来ます。