ManageOZO3企業の経営管理を支援するManageクラウドシリーズ

導入までの流れ

導入アプリ数、利用人数などの条件に応じて、約3ヶ月での運用開始が可能です。

導入検討

1.ヒアリング/FIT&GAP

業務内容と課題のヒアリングに基づき、サービス適合を確認致します。適合結果に基づいたOZO3の最適な活用プランをご提案致します。

2.サービス利用申込み、ご契約手続き

導入アプリと利用人数を決定頂き、サービス利用申込およびご契約手続きを致します。

導入計画

3.キックオフ

プロジェクトメンバーによるキックオフを実施致します。プロジェクトメンバーの役割分担の確認と当社より必要タスクとスケジュール案をご案内致します。

4.導入スケジュールの策定

ご担当者様の本業の負荷状況やOZO3導入に向けての作業量に応じて、必要タスク毎の担当割り当てとスケジュールを策定し、本稼働日を決定致します。

運用設計

5.機能把握/マスタ設定

当社の専任インストラクターがご訪問し操作指導を致します。お客様に機能把握をしっかりして頂いた上で、各種マスタ設定を進めて頂きます。

6.運用ルール策定

お客様に適した運用ルールの策定と運用マニュアルの作成を行っていただきます。

導入・稼働

7.社内教育

運用ルールと運用マニュアルに基づき、一般利用ユーザーへの説明会や教育を行っていただきます。

8.稼働

特定部門による並行稼働を行い、最終的な課題や問題点を解消した後、全社稼働を行っていただきます。

導入支援・操作指導
システム本稼働まで
インストラクターが支援します。

お客様の現時点での運用方法や課題をヒアリングの上で、ManageOZO3導入支援インストラクターが訪問指導を伴いながらシステム本稼働までを支援します。業務アプリ別に決められた回数にて訪問指導を行います。また直接連絡を取り合い、質問や相談もワンストップで対応し解決に導きます。

ヘルプデスク
システム本稼働後において
機能問い合わせ対応をします。

システム本稼働後、質問事項や機能確認が必要となった際にはヘルプデスクが支援します。経験豊富なヘルプデスク担当者があらゆる業務アプリへの問い合わせに対し横断的に対応します。