ManageOZO3企業の経営管理を支援するManageクラウドシリーズ

経費精算業務アプリケーション

社員の経費精算、旅費精算、接待交際費精算をワークフロー化し、
立替経費の精算業務を支援する業務アプリケーションです。

解決できる課題と解決する機能

経費精算を紙やEXCELで行っており、とにかく面倒
伺い・精算 紐付け管理
乗換経路や定期控除の不備が多くて、内容精査がとても煩雑
乗換案内サービス連携 交通系ICカード活用
財務会計ソフトへの仕訳入力作業が多く経理部の負担が大きい
会計システム連携
経理部の振込手続きの作業の手間が大きい
振込データ作成
小口現金管理が煩雑なので、キャッシュレス化したい
振込データ作成
原価管理上でプロジェクト別経費を把握したいができていない
プロジェクト別経費入力
会社請求の支払依頼もワークフロー化ができていない
業者向け支払い依頼
出張中に申請、承認業務が止まる。スマートデバイスを活用したい
スマートデバイス活用
法改正、税改正がある度に申請用紙の修正が必要で手間
法令対応
伺い・精算 紐付け管理
伺い申請と精算を紐付けて入力・管理することが可能です。

OZO3経費では、従業員による立替経費の精算機能だけでなく、事前の伺い機能に対応しています。また、それぞれが申請・承認できるだけでなく、紐付けて入力と管理が可能です。

勘定科目自動入力
お金の使い方を選ぶだけで勘定科目を自動入力。

会計上の知識が必要となる勘定科目を選ぶ運用ではなく、利用者はお金の使い方を選ぶだけで入力を完結することが可能です。このお金の使い方(使途用途)の選択により、正しい仕訳を起こすことができます。

会計システム連携
幅広い財務会計システムとの連携が可能です。

申請、承認され締め処理により確定した仕訳データは、汎用的な形式で出力することが可能です。これにより、幅広い財務会計システムへ仕訳を渡す運用ができます。

振込データ作成
仕訳データだけでなく、振込データも作成可能です。

このシステム内で銀行サービスにて利用可能な形式の振込データ(FBデータ)を作成することができます。都度支払い処理の差異に手入力をする必要はありません。

法令対応
法改正、税改正に対応した精算ワークフローを提供します。

法改正、税改正等に対応した精算ワークフローと機能をバージョンアップにて提供します。電子帳簿保存法の対応等、運用の変更に伴い必要となる機能をご提供致します。

スマートデバイス活用
各種申請・承認をスマートフォンやタブレットで利用可能です。

Webブラウザで利用可能なので、インターネット(社内イントラネット)に接続可能な端末であれば、いつでもどこでも申請と承認をすることが可能です。スマートフォンには専用画面を用意しています。

乗換案内サービス連携
公共交通機関での移動は乗換案内サービスにて入力を効率化できます。

乗換案内サービス『ジョルダン』と連携可能なため、駅名を入力するだけで、移動料金を算出することが可能です。事前設定することで、定期区間の自動控除にも対応します。

交通系ICカード活用
交通系ICカードの履歴取り込みに対応しています。

SuicaやPasmo等の交通系ICカードに保存された乗換履歴をICカードリーダーを用いることで取り込むことが可能です。勿論、私用の移動分を除外することもできます。

「OZO3経費 プロジェクト経費入力OP」が必要
プロジェクト別経費入力
経費精算時にプロジェクト情報を入力でき、仕訳とすることが可能です。

原価管理上で必要なプロジェクト別の経費を経費精算時に入力する運用も実現が可能です。プロジェクト情報は仕訳データに追加され、原価管理システムへ渡すことができます。

「OZO3経費 業者支払OP」が必要
業者向け支払依頼
会社請求の支払い依頼ワークフローも利用可能です。

従業員の立替経費の精算だけでなく、会社の備品や公共料金などの業者から会社への請求に対しての支払い依頼をワークフローとして利用することも可能です。取引先マスタを用いることで、入力を効率化することもできます。